これだけは読んで欲しい!厳選記事3選

フルオキシメステロンの筋肉への効果は?副作用は?飲み方は?

HP-Mass

フルオキシメステロンは、1950年代後半に「ハロテスチン」の名前で販売されたアナボリックステロイドです。ジェネリック医薬品として「フルオキシメステロン」の名前でも販売されています。

フルオキシメステロンは、非常に強力なテストステロン剤です。男性化作用という面で見れば、一般的なステロイド(テストステロンエナンセート)の8倍以上のアンドロゲン作用を持っています。

この働きのため、男性ホルモン欠乏症や性腺機能低下症の男性に多く処方されています。幼児のマイクロペニスの患者に処方される代表的な薬でもあります。

では、「筋肉増強剤」としての評価はどうなのでしょうか?この記事では、フルオキシメステロンの筋肉増強剤としての効果や副作用について詳しく解説していきます。

⇒ハロフルオックスのご購入はこちら

フルオキシメステロンの筋肉増強の効果は決して高くない

非常に高い男性化作用をもつことから「とても効果の高いステロイドなのでは?」と思う方もいるかもしれません。

フルオキシメステロンの筋肉増強の効果は高くない

しかし、フルオキシメステロンの筋肉増強の効果はあまり高いものではありません。オキシメトロンやテストステロンエナンセートが人体実験でも高い成果を出しているのに対して、フルオキシメステロンはマウスレベルの研究しかありません。また、マウスへ投与した研究でも、あまり高い効果をあげているとはいえません。

フルオキシメステロンは筋肉のレセプターへ結びつきにくい

なぜ男性化作用が高いのに、筋肉増強の作用が弱いのでしょうか?フルオキシメステロンの構造が、筋肉内にある男性ホルモンのレセプターと相性が良くないからです。ホルモンはレセプターと結びついて初めて効果を発揮するので、レセプターと結びつきにくければ、効果が得られないのです。

男性ホルモンの同位体にも様々な種類があり、それぞれ結びつきやすいレセプターは異なります。マウスを使った研究によれば、フルオキシメステロンは、他の人口ホルモンに比べて、筋肉内にあるホルモンレセプターとの相性が良くないことがわかっています。

実際、ボディビルの世界でも、フルオキシメステロンを筋肉増強の目的で使うビルダーは少ないです。女性化作用が少なく、脂肪減少の効果が高いので、減量の仕上げに使われることが多いです。

マイクロペニスの患者に使われることが多いことから、陰茎肥大の作用を期待するなら悪くない選択肢かもしれませんが、筋肉増加の作用はあまり期待できません。

フルオキシメステロンの副作用とは?

肝毒性

フルオキシメステロンの副作用の中で、最も注意しなければならないのが肝毒性です。他の経口ステロイドと同じく、17αアルキレート加工という、肝臓でなかなか分解されないような化学的加工が施されているため、肝臓に負担をかけてしまいます。

さらに、フルオキシメステロンは体内にとどまる時間が他の経口ステロイドよりも長くなるように設定されています。代表的なステロイドであるダイアナボルの血中半減期が3時間程度であるのに対して、フルオキシメステロンは血中半減期が9.6時間です。

フルオキシメステロンは有効時間が長いので、体内でのテストステロン濃度を高く保ちやすいのですが、その分、肝臓には負担をかけてしまいます。フルオキシメステロンは、他の経口ステロイドの中でも、肝臓への負担が強い部類に入ります。

過度の男性化作用

前述したように、フルオキシメステロンは非常に強力な男性化作用を持つステロイドです。そのため、男性型脱毛症(AGA)を促進してしまう恐れがあります。また、陰茎を肥大させるリスクもあります。

フルオキシメステロンは5αリダクターゼによって、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンに還元されます。ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症を引き起こします。

この流れを防ぐには、フィナステリドという医薬品が有効です。フルオキシメステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐことができます。

男性ホルモンの生成能力の低下

フルオキシメステロンは強力なテストステロンです。フルオキシメステロンのような強力なテストステロンが外部から投与されると、身体は「なんだ十分にテストステロンがあるじゃないか。なら、これ以上、男性ホルモンを生成する必要はないな」と判断して、男性ホルモンの生成を減らしてしまいます。結果、自然なホルモンの生成能力が低下してしまうのです。

フルオキシメステロンが体内からなくなるにつれ、自然にホルモン生成能力は回復しますが、素早く回復させたい場合は、クロミッドというホルモン剤を利用しします。

フルオキシメステロンの飲み方は?

前述したように、フルオキシメステロンは高い肝毒性を持っているため、大量の服用、長期間の服用は身体に負担をかけすぎてしまうリスクがあります。

一般的に、性腺機能低下症の男性には20mgで処方されます。筋力トレーニングでも同量で十分です。期間は4週間を超えないようにするべきです。

フルオキシメステロンを買うにはどうすればいいのか?

有効成分「フルオキシメステロン」を含むアナボリックステロイドは数多く販売されています。ただ、医薬品の製造免許を持たない業者による粗悪な製品も大量に出回っています。これらの製品はどのような製法でつくられているかもわからず、信頼性がなく、使用にはリスクを伴います。

少しでも安全にフルオキシメステロンを使いたい方には、WEST-COAST社の「ハロフルオックス」をオススメします。WEST-COAST社は、国際的な医薬品の製造管理の基準(WHO-GMP)を取得している、50年の歴史を持つ正規の医薬品メーカーです。製品には、高い安全性・信頼性があります。

安全にフルオキシメステロンの効果を得たい方には、国際的な品質基準を取得している「WEST-COAST社」製のハロフルオックスをオススメします。


⇒ハロフルオックスのご購入はこちら

これだけは読んで欲しい!おすすめの厳選記事ランキング

Torso1筋トレ効率20倍!アナボリックステロイドの筋肉増強の効果

健康な成人男性にアナボリックステロイドを20週間投与した研究をもとに、アナボリックステロイドの筋肉増強の効果を徹底的に解説!

ana-fukusayou要注意!アナボリックステロイドが引き起こす7つの副作用

アナボリックステロイドは実は安全?人体に投与した研究でわかった「副作用の実態」を徹底解説!

medicalこれで万全!アナボリックステロイドの安全な使用方法

正しい知識があればアナボリックステロイドは安全に使用できます。アナボリックステロイドの副作用を最小化する方法を解説!

Curl絶対に必要!アナボリックステロイドの回復サイクルの組み方

アナボリックステロイドを抜いて身体を回復させるサイクルの組み方について徹底的に解説しました。

Mark-Dugdale失敗しない!筋肉増強剤のオススメ通販サイトBEST3

アナボリックステロイドの購入方法が分からず悩んでいませんか?私の通販経験から、失敗しないおすすめの通販サイトをご紹介します!