これだけは読んで欲しい!厳選記事3選

プリモボランの筋肉増強の効果は?副作用は?使用方法は?

10-Ways-to-Un-Suck-Diet-Food

プリモボランは成分「メテノロン」を含むアナボリックステロイドです。

プリモボランの主成分である「メテノロン」は、ステロイドの中では数少ない、自然に存在する成分です。(ネコの副腎皮質に含まれているホルモン)

天然に存在する成分のため、プリモボランは他のアナボリックステロイドに比べて、副作用が弱いという特徴があります。他のステロイドに見られる、肝毒性や女性化作用がありません。

でも、大事なのは「筋肉をどれだけ増やせるか」という効果ですよね。そこで、プリモボラン(メテノロン)の効果や副作用、使い方を徹底的に解説いたします。

⇒プリモボランのご購入はこちら

プリモボランの筋肉増強の効果は非常に弱い

5 Ways Skinny Bastards Can Add Muscle

結論から言えば、男性はプリモボランによる筋肉増強の効果を期待することはできません。筋肉増強の目的で、プリモボランを使うのは、時間とお金の無駄なのでやめておきましょう。

なぜそう言えるのか?以下の研究を見てください。

マウスに大量のプリモボランを投与した研究

この研究は、成年のマウス(雄・雌)にプリモボランの主成分であるメテノロンを投与した研究です。マウスはプリモボランを投与しないグループと、投与するグループに分けられました。※出展1

効果をわかりやすくするため、かなりの大量のメテノロンが使われています。人間で言えば、体重70kgの人に700mg*週3回レベルの大量投与に相当する量です。ボディビル目的で使う場合の5倍以上の量が使われました。

結果はどうだったか?

雄のマウスでは筋肉増強の効果が認められなかった

雄のマウスでは、プリモボランを投与されたマウスも、投与されていないマウスも、体重、筋肉量、タンパク質の合成度合いに違いは見られませんでした。

つまり、雄のマウスでは、プリモボランには筋肉を増やす作用がなかったということです。

雌のマウスでは筋肉が増大していた

一方で、雌のマウスでは、タンパク質の合成が有意に増大していました。プリモボランを投与された雌のマウスは、体重、筋肉量がともに増加していました。

ボディビル目的の5倍近い量を投与されても、「雄では有意な成果は見られない」のですから、プリモボランの筋肥大への効果は非常に弱いと言わざるを得ません。

脂肪燃焼は期待できる

アナボリックステロイドの成分のホルモンレセプターとの結合のしやすさを調べた研究があります。※出展2

ステロイドホルモンは、身体のレセプター(受容体)と結びつき、効果を発揮します。レセプターと結びつきやすいとうことは、効果が出やすいことを意味します。

この研究では、プリモボランの成分であるメテノロンは、脂肪燃焼にかかわるβ3-アドレナリン受容体(β3-AR)に非常に結びつきやすいことがわかりました。

B3-アドレナリン受容体は、脂肪を燃やしてエネルギーを生み出す働きを持っています。このβ3-アドレナリン受容体(β3-AR)と結びつきやすいということは、脂肪を燃やす働きが強いことを意味します。

筋肉を増やす効果は弱いものの、脂肪燃焼の効果は高いようです。実際、ボディビルの現場でも、プリモボランは、減量中に使うステロイドとして使用されています。

プリモボランの副作用

Indigo

プリモボランの主成分であるメテノロンは、男性ホルモンを女性ホルモンに変える「アロマターゼ」の影響を受けません。したがって、プリモボランは、女性化乳房や水分滞留などの副作用を引き起こしません。

また、経口で摂取しても、肝臓への毒性がありません。

ただ、以下の副作用には注意しなければなりません。

性ホルモンの減少

プリモボランが、アナボリックステロイドである以上、避けられないのが「性ホルモンの減少」です。

ステロイドを使うと、体内の男性ホルモンの濃度が高まります。すると、身体が「これ以上ホルモンをつくる必要はないな」と判断して、ホルモンの生成を減少させてしまうのです。

男性にプリモボランを使った研究では、睾丸の機能にかかわる性腺刺激ホルモンの分泌が15-65%減少してしまいました。

低下したホルモンを回復させるには、クロミッドという薬剤が有効です。

プリモボランの使用方法・サイクル

週400mgを8週間〜12週間使います。

注射の場合は、週1回400mgを注射します。経口の場合は、50mgを1日に摂取します。

ホルモンのサイクルに影響を与えるので、12週間以上の使用は推奨されません。

サイクル後は、クロミッドを使い、低下した性ホルモンを回復させていきます。

プリモボランをおすすめできる人、できない人

Leg Press

おすすめできない人

前述したように、男性の場合、プリモボランは筋肉量を増やす効果は非常に弱いです。したがって、筋肉を増やしたい男性にはオススメできません。

また、他のアナボリックステロイドとくらべて、値段が非常に高く、数倍近くします。バルクアップ目的では、全くオススメできないステロイドといえるでしょう。

おすすめできる人

減量目的で使用するのなら、β3-アドレナリン受容体(β3-AR)と結合しやすいプリモボラン(メテノロン)は効果的です。

また、雌のラットでは有意に筋肉を増やせているので、女性にも良いステロイドでしょう。

⇒プリモボランのご購入はこちら

 

これだけは読んで欲しい!おすすめの厳選記事ランキング

Torso1筋トレ効率20倍!アナボリックステロイドの筋肉増強の効果

健康な成人男性にアナボリックステロイドを20週間投与した研究をもとに、アナボリックステロイドの筋肉増強の効果を徹底的に解説!

ana-fukusayou要注意!アナボリックステロイドが引き起こす7つの副作用

アナボリックステロイドは実は安全?人体に投与した研究でわかった「副作用の実態」を徹底解説!

medicalこれで万全!アナボリックステロイドの安全な使用方法

正しい知識があればアナボリックステロイドは安全に使用できます。アナボリックステロイドの副作用を最小化する方法を解説!

Curl絶対に必要!アナボリックステロイドの回復サイクルの組み方

アナボリックステロイドを抜いて身体を回復させるサイクルの組み方について徹底的に解説しました。

Mark-Dugdale失敗しない!筋肉増強剤のオススメ通販サイトBEST3

アナボリックステロイドの購入方法が分からず悩んでいませんか?私の通販経験から、失敗しないおすすめの通販サイトをご紹介します!