これだけは読んで欲しい!厳選記事3選

テストステロン・エナンセートの効果は?副作用は?使い方は?

No-More-Strong-Fat-Guys

テストステロン・エナンセートは、男性ホルモン(テストステロン)の同位体です。人工的につくりだしたテストステロン(男性ホルモン)を体内に投与することで、テストステロンのレベルを大幅に引き上げる効果があります。

テストステロンには、筋肉をつくったり、骨をつくったり、男性化(二次性徴など)の作用があります。テストステロンの濃度を高めることで、筋肉ができやすい状態をつくることができます。

テストステロン・エナンセートは医薬品として開発され、現在でも、低テストステロン症の患者や、二次性徴が起こらない少年などに処方されています。

ボディビルの現場でも、最もスタンダードなステロイドの一つです。この記事では、テストステロン・エナンセートの筋肉増強の効果や、副作用、使い方について詳しく解説していきます。

テストステロン・エナンセートの効果は?

健康な男性61人に20週間にわたって、テストステロン・エナンセートを投与した研究があります。グループは5つに分けられ、それぞれ25mg,50mg,125mg,300mg,600mgを投与されました。※出展1

結果が以下のグラフです。左から25,50,125,300,600mgの投与の結果です。

スクリーンショット 2015 06 25 15 28 31

除脂肪体重(脂肪を抜いた体重。筋肉量の目安になる)

  • 25mg…0.4kgの増加
  • 50mg…1.1kgの増加
  • 125mg…2.9kgの増加
  • 300mg…5.5kgの増加
  • 600mg…8.9kgの増加

このように、600mg投与群では、20週間で8.9kgの筋肉量増加と大幅な増加を記録しています。低投与グループ25mgと比べると、20倍以上、結果に差があるわけです。

ナチュラルでトレーニングをしても、1年間で付けられる筋肉は2〜3kg程度です。しかし、テストステロン・エナンセートを使えば、短期間で9kg近くの筋肉を増やすことができるのですね。

また、300mg以上のグループでは、体重が増えているにも関わらず、体脂肪は減少しています。これは、テストステロンがリボ蛋白リパーゼを刺激し、体脂肪を燃焼させる効果があるからです。

このように、テストステロン・エナンセートには、圧倒的な筋肉増強の効果があります。

テストステロン・エナンセートの副作用は?

テストステロン・エナンセートは、アナボリックステロイドの中でも非常に強力な部類に入ります。なにせテストステロンそのものですから。男性化作用も強い

ただ、テストステロンそのものが体内に大量に増えれば、当然、その反動として副作用が起こります。テストステロン・エナンセートは、アナボリックステロイドの中でも副作用が強い部類に入るため、十分に注意しなければなりません。

男性ホルモン(テストステロン)の生成減少

テストステロン・エナンセートを服用すると、体内のテストステロン生成が大きく減少します。大体、通常時の40%〜50%まで減少してしまうのです。

なぜか?外部から大量のテストステロンが補充されると、身体が「もう十分テストステロンがあるから、これ以上テストステロンをつくる必要はないだろう」と判断して、テストステロン生成を減らしてしまうからです。

これは、テストステロン・エナンセートを使えば。ほぼ確実に起こる副作用です。

もちろん、体内からステロイドが抜けるにつれ、ホルモンの生成は回復します。ただ、少し時間がかかります。

すぐに回復させるには、「クロミッド」という排卵誘発剤が有効です。

女性化乳房

大量のテストステロンの一部は、「アロマターゼ」という酵素によって女性ホルモンに還元されます。結果、ステロイドサイクル中は、女性ホルモンのレベルまで上がってしまうのですね。

大量の女性ホルモンが乳房に結びつくと、女性化乳房が起きてしまいます。

この副作用を防ぐには、「ノルバデックス」という薬剤が有効です。

男性型脱毛症

男性型脱毛症は遺伝性です。既に男性型脱毛症が進行している人は、テストステロン・エナンセートの使用がそれを悪化させてしまう可能性があります。

テストステロンの一部は、「5αリダクターゼ」という酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに還元されます。

ジヒドロテストステロンは、ハゲや大人ニキビ、前立腺肥大症を引き起こすホルモンです。

テストステロン・エナンセートは体内のテストステロンレベルを大幅に引き上げるので、同時に、DHT(ジヒドロテストステロン)の量まで増えてしまうのですね。大量のジヒドロテストステロンは、男性型脱毛症や前立腺肥大症を促進してしまう恐れがあります。

コレステロール値の悪化

これは使用をやめればすぐに回復しますが、テストステロン・エナンセートを利用すると、血中のコレステロール値が悪化することがわかっています。

HDLコレステロール(善玉)が減少し、LDLコレステロール(悪玉)が増加します。これはほぼ確実に起こります。

テストステロンエナンセートの安全な使い方は?

使用期間は?

実験では、健康な男性に20週間まで投与しているものがあります。低テストステロンの男性には、より長期間投与することもあり、20週間までなら安全に使えるでしょう。

ただ、既に述べているように、アナボリックステロイドの利用は、ホルモンの生成に負の影響を与えてしまいます。あまり長期間、利用するのは避けたいところです。

できれば、12〜16週間までに留めたいところです。

使用量は?

研究では、500〜600mgが最も成果をあげています。600mg使えば十分な効果が得られるでしょう。逆に、250mg以下では、満足のいく結果が得られません。

使用後のケア

既に述べているように、テストステロン・エナンセートを利用した後は、男性ホルモンの生成が減少してしまいます。

男性ホルモンの減少を素早く回復させるために、クロミッドを使いましょう。クロミッドを使えば、素早く男性ホルモンを元のレベルまで回復させられます。

 

これだけは読んで欲しい!おすすめの厳選記事ランキング

Torso1筋トレ効率20倍!アナボリックステロイドの筋肉増強の効果

健康な成人男性にアナボリックステロイドを20週間投与した研究をもとに、アナボリックステロイドの筋肉増強の効果を徹底的に解説!

ana-fukusayou要注意!アナボリックステロイドが引き起こす7つの副作用

アナボリックステロイドは実は安全?人体に投与した研究でわかった「副作用の実態」を徹底解説!

medicalこれで万全!アナボリックステロイドの安全な使用方法

正しい知識があればアナボリックステロイドは安全に使用できます。アナボリックステロイドの副作用を最小化する方法を解説!

Curl絶対に必要!アナボリックステロイドの回復サイクルの組み方

アナボリックステロイドを抜いて身体を回復させるサイクルの組み方について徹底的に解説しました。

Mark-Dugdale失敗しない!筋肉増強剤のオススメ通販サイトBEST3

アナボリックステロイドの購入方法が分からず悩んでいませんか?私の通販経験から、失敗しないおすすめの通販サイトをご紹介します!