これだけは読んで欲しい!厳選記事3選

オキシメトロンの筋肉増強の効果は?副作用は?使い方は?徹底的に解説!

Curl

オキシメトロンは、経口で摂取できる筋肉増強剤の中では、最も高い効果を持つアナボリックステロイドです。元々は、貧血障害や骨粗しょう症、HIVによる体重減少に悩む患者のために開発された薬です。

HIVで体重減に悩む患者に投与したところ、数ヶ月で筋肉を大きく増加させた研究が多数報告され、筋肉増強剤の目的でも使用されるようになりました。

ただ、「強い効果がある一方で、強い副作用がある」とも言われています。

では、実際にどれだけ効果があるのか?どれだけの副作用があるのか?を実際に人間にオキシメトロンを投与した研究から検証してきます。
⇒オキシメトロンのご購入はこちら

オキシメトロンの筋肉増強の効果は?

Burn-450-More-Calories-Without-Cardio.jpg

2003年に、南カリフォルニア大学が、オキシメトロンの効果を調査した研究を発表しました。(出展1

この研究では、65歳から80歳の老人31人に12週間にわたり、オキシメトロンを投与して、その効果を調べました。グループは、偽物の薬を投与するグループ(プラセボ群)と50mg群投与群、100mg群の3つに分けられました。

もちろん、実験は、医者によって監視され、常に健康状況をチェックしながら行われています。結果はどうだったのか?

オキシメトロンの筋肉増強効果

1znncs7.jpg

これは、実験参加者の12週間後の体重変化を示したグラフです。右から、黒がプラセボ群、白が50mg群、茶色が100mg群です。

特に、真ん中のグラフに注目してください。LBM(lean body mass)とは、除脂肪体重のことです。除脂肪体重とは、脂肪を抜きにした体重の数値で、どれだけ筋肉が増えたかの指標になります。

50mg群では、3.3kgも、100mg群では、4.2kgも筋肉が増加しています。

なお、この研究では、老人は運動、トレーニングをしていません。何も運動をしてないにもかかわらず、3ヶ月で4kgも筋肉が増えているわけです。しかも、65歳から80歳の高齢者が。

健康的なボディビルダーが、3ヶ月間ハードなトレーニングをしても、つけられる筋肉はせいぜい0.5kg程度。その8倍の筋肥大を、運動をしないで、老人が達成してしまうのです。それを考えれば、いかに上記の結果が凄いのかがわかると思います。

オキシメトロンの脂肪燃焼の効果

Oxymetholoneeffects2

ちなみに、オキシメトロンには、脂肪を燃焼させる効果もあります。

上のグラフは、同実験の12週間後の脂肪量の変化を示したグラフです。プラセボ群はむしろ体重が増えているのに、50mg群、100mg群は、脂肪が大きく減少しています。

通常、「筋肉をつけつつ、脂肪を減らす」のは、かなり難しい。代謝が悪化している老人なら、なおのことそうです。

しかし、筋肉増強剤であるオキシメトロンを摂取していれば、そんなことも可能になるわけです。

オキシメトロンの筋力増強効果

Oxymetholoneeffects3

オキシメトロンは、ボディビルダーよりも、パワーリフターに好まれるアナボリックステロイドです。筋力を増やすのに非常に効果的なステロイドだとわかっています。

上のグラフは、実験終了後の参加者のパワーを示した研究です。(白が50mgグループ、赤が100mgグループ)

投与グループが大きく筋力が向上しているのがわかると思います。繰り返しますが「運動をしていない」にもかかわらず、ラットプルダウンやチェストプレスのMAXが大きく改善しています。

チェストプレスでは50mgが8.2kg,100mgでは13.9kgアップ、ラットプルでは、50mg群では8.8kg,100mg群では、18.4kgアップしています。

筋肥大に関しては、50mg群と、100mg群であまり差はありませんが、筋力に関していうと、ほぼ二倍違い差が生まれています。オキシメトロンは、筋肥大だけでなく、パワーの向上に効果的なステロイドといえるでしょう。

HIV患者に30週間投与し、8.9kgの体重を増加させた研究

また、HIV患者を対象にした研究もあります。この研究では、HIVの患者を対象に30週間オキシメトロンを投与しました。※出展5

結果、投与していないグループは-1.8kg体重が減少していました。HIVは身体の免疫力を弱らせ、人を衰弱させてしまうからです。しかし、オキシメトロン投与グループは、30週間で8.9kgも体重が増加していました。

オキシメトロンは脂肪を減らす効果があるので、この増加はほとんど筋肉でしょう。HIVの患者ですら、これだけ筋肉を増やす力があるのです。

オキシメトロンの副作用は?

Pills 2353937b

オキシメトロンは安全なステロイド

一部のサイトで、「オキシメトロンは最強の効果があるが、副作用も非常に強い」と紹介されています。

しかし、本当にそうなのでしょうか?オキシメトロンは医薬品として現在もHIV患者や血液透析の患者に使用されています。そんな危険なものが医薬品として認可されるわけがありません。

実際、上記の研究でも、参加した老人は誰一人として大きな副作用を発症せず、全員が実験を完遂できました。

また、血液透析の患者にオキシメトロンを24週間投与した研究(出展2)もありますが、誰一人として大きな副作用を発症せず、安全に実験を終えることができました。

オキシメトロンは血液透析の患者に24週間も連続投与できるほど、安全なステロイドです。

肝臓への負担

オキシメトロンで警戒するべき副作用の第一位は「肝臓への負担」です。オキシメトロンは、17αアルキレート加工という肝臓になかなか分解されない加工をされていて、これが肝臓に負担をかけます。

Oxymetholoneeffects4

上の表は、同実験の、12週間後の健康上の数値を示したグラフです。肝臓の数値を示すALT/ASTが投与グループが悪化しています。

50mgグループでは、健康診断でも「正常値の範囲内」に収まる程度の変化ですが、100mgグループでは、健康診断で注意されるレベルまで悪化しています。(とはいっても、医者が「続行OK」と判断したレベルにはとどまっています)

ただ、肝臓の回復力は非常に強いので、あまり神経質になる必要はありません。アナボリックステロイドを常用していたボディビルダーでも、3ヶ月服用をやめれば、肝臓は完全に回復することが研究により、示されています。(出展3したがって、それほど神経質になる必要はありません。

肝臓への負担を避けるために、シリマリンというサプリメントを摂取するのが一般的です。

男性ホルモンの生成減少

アナボリックステロイドを使うと、体内の男性ホルモンの濃度が上がります。男性ホルモンの濃度が上がると、睾丸は「十分な男性ホルモンがあるから、これ以上ホルモンをつくる必要がない」と判断して、男性ホルモンの生成を減らしてしまいます。

結果、アナボリックステロイドを使うと、自然に生成される男性ホルモンのレベルが減少してしまいます。

オキシメトロンも例外ではありません。マウスにオキシメトロンを投与した研究によれば、睾丸の機能に関わるFSH・LHホルモン、男性ホルモンが40〜50%近く減少してしまっています。※出展4

なお、アナボリックステロイドでは、ほぼ確実に起こる副作用で、オキシメトロンの副作用が強いわけではありません。

低下した男性ホルモンを回復させるには、「クロミッド」という薬剤が有効です。

コレステロール値の悪化

上のグラフで線を引っ張っている箇所に「HDL cholesterol(善玉コレステロール値)」がありますよね。これが、投与群では、大きく減少しています。

なぜアナボリックステロイドがHDLコレステロールを悪化させるのか?原因は詳しくわかっていませんが、コレステロールは細胞をつくる時に必要な細胞膜の原料なので、筋肉が多くつくられる際に、コレステロールが消費されてしまうのでしょう。

とはいえ、この副作用はステロイド投与中の一時的なものなので、それほど心配する必要はありません。

女性化乳房

女性化乳房は、乳房が女性のようにふっくらとしてしまう副作用です。男性化作用の強いステロイドを使うと、反動で女性乳房が起こることがあります。

ただ、上記の老人を対象にした研究や、HIVの患者に投与した研究、血液透析の患者に長期間投与した研究では、女性化乳房は一例も報告されていません。

しかし、海外のユーザーの利用報告を見ると、一部の人に女性化乳房があらわれるようです。起こる確率は稀ですが、起きた時のリスクが大きいため、ノルバデックスという女性化作用を防ぐ薬を用意しておきましょう。

オキシメトロンの使用方法・サイクル

Ab Combo

では、オキシメトロンを筋肉増強目的で使う時は、どうすれば良いのでしょうか?

1日50mgがベスト

Oxymetholoneeffects

実験の結果を見ると、50mg群と100mg群では、100mg群の方が筋肉がついていますが、それほど劇的な差ではありません。

Oxymetholoneeffects4

しかし、肝臓の数値に関していうと、50mg群は、まだ健康診断でも正常値の範囲に収まるレベルの悪化なのに対して、100mg群は、その数倍悪化しています。

血液透析の患者に24週間オキシメトロンを50mg投与した研究では、50mgを投与した患者の肝臓の数値は、ほとんど上昇していませんでした。(出展2(ALT・ASTが実験前から9.2%の上昇。健康診断では健康と診断されるレベル)

健康を重視するなら、摂取は50mgにとどめるべきでしょう。

筋力重視なら、100mg

ただし、上でも紹介したように筋力の上昇の点では、50mg群と100mg群で2倍以上の差がでています。もし、筋力上昇を目的とするなら、肝臓の数値が悪化するのを覚悟して、100mg群とるのもありかもしれません。

HIVの患者に150mgを30週間にわたり投与した研究もあります。参加者は健康的に実験を完遂できました。

どんなに長くても12週間まで

65歳から80歳の老人でも、健康的に12週間の実験を完遂できています。また、HIVの患者に30週連続で投与した研究もあります。もっと極端な例をいうと、HIV患者の女性に3年間連続投与した例もあるほどです。

オキシメトロンを買うにはどうすればいいのか?

有効成分「オキシメトロン」を含むアナボリックステロイドは数多く販売されています。ただ、医薬品の製造免許を持たない業者による粗悪な製品も大量に出回っています。これらの製品はどのような製法でつくられているかもわからず、信頼性がなく、使用にはリスクを伴います。

少しでも安全にオキシメトロンを使いたい方には、WEST-COAST社の「オキシポロン」をオススメします。WEST-COAST社は、国際的な医薬品の製造管理の基準(WHO-GMP)を取得している、50年の歴史を持つ正規の医薬品メーカーです。製品には、高い安全性・信頼性があります。

安全にオキシメトロンの効果を得たい方には、国際的な品質基準を取得している「WEST-COAST社」製のオキシポロンをオススメします。


⇒オキシポロンのご購入はこちら

これだけは読んで欲しい!おすすめの厳選記事ランキング

Torso1筋トレ効率20倍!アナボリックステロイドの筋肉増強の効果

健康な成人男性にアナボリックステロイドを20週間投与した研究をもとに、アナボリックステロイドの筋肉増強の効果を徹底的に解説!

ana-fukusayou要注意!アナボリックステロイドが引き起こす7つの副作用

アナボリックステロイドは実は安全?人体に投与した研究でわかった「副作用の実態」を徹底解説!

medicalこれで万全!アナボリックステロイドの安全な使用方法

正しい知識があればアナボリックステロイドは安全に使用できます。アナボリックステロイドの副作用を最小化する方法を解説!

Curl絶対に必要!アナボリックステロイドの回復サイクルの組み方

アナボリックステロイドを抜いて身体を回復させるサイクルの組み方について徹底的に解説しました。

Mark-Dugdale失敗しない!筋肉増強剤のオススメ通販サイトBEST3

アナボリックステロイドの購入方法が分からず悩んでいませんか?私の通販経験から、失敗しないおすすめの通販サイトをご紹介します!